2019年11月例会より

東京だんだん句会 2019年11月24日(日)、石神井公園区民交流センター


この道も母と散歩と冬の朝

赤い実をかんざしにする沼の畔

ポインセチア聖書を開く時匂ふ

草虱今日はどこまで行ったやら

絵手紙の中も風吹く枯尾花

ライターの炎の匂ひ憂国忌

都鳥ぽんぽん船の隅田川

好き勝手生きて八十路や竹の春

枯葉舞ふ誰れが奏づるヴァイオリン

晩鐘の湖渡る雁の棹

子規庵や糸瓜の水を今もなほ

小春日やさゆらぎもせぬ竹林

枯菊を焚きゐる妻の背ナまろし

御堂筋濡れにし夜を桃青忌

くちびるに風触れてをり草の花

墨堤にしばし身を置く小六月

箸茶碗持って勤労感謝の日

山々の寝息聞こゆる小春かな

洋 子

陽 子

嘉 江

芳 江

絵 万

風々子

タミ子

克 己

あつみ

ちから

美知子

咲 子

武 彦

流 牧

眞登美

充 慶

たかし

 潮