2019年12月例会より

東京だんだん句会 2019年12月15日(日)、男女共同参画センターえーる


母逝きて静かにくるる大晦日

暖炉燃ゆ鎧のやうな自縛解け

縁側に微笑む赤子冬ぬくし

口明けし縄文土偶冬うらら

信号の赤際立てり十二月

銀杏散る青邨朗人の句碑並ぶ

此処かしこ落葉溜りや風の道

散り敷きてなほも散りゆく銀杏かな

小春日和鯉に餌を撒く親子連

今いでし少しかけたる冬の月

冬暖やふぐりあらはな陶狸

手ばなせぬ何かをにぎり冬日向

墨すつて心をさむる年の暮

潦そこにも冬の紅葉かな

酢海鼠やしばしこの世の懐かしき

洋 子

嘉 江

芳 江

絵 万

タミ子

あつみ

ちから

美知子

咲 子

よしたか

武 彦

眞登美

充 慶

たかし

 潮