2019年2月例会より

東京だんだん句会 2019年2月24日(日)、石神井公園区民交流センター


口笛を絵本の鷽に聞かす子や

寒菊と句帳棺に兄逝けり

明日見えぬ揺らぐ大地や福寿草

自由といふ淋しさもあり山椿

難波津の空使ひきる春の鳶

老いゆくも幼ごころや雛あられ

梅一輪活けてや足るを知ることも

転路機に火を入れてゐる寒夜かな

母偲び針仕事する針供養

大いなる地の土産とや蕗の薹

蘇がへる梅園ひろし鳶鳴く

梅ひらく斜面は風のはげしくて

二人して漕ぎ出す湖や春の山

細波に押さるる島や榛の花

手枕に風音ばかり二月尽

嘉 江

芳 江

みゆき

絵 万

風々子

タミ子

あつみ

ちから

美知子

咲 子

よしたか

眞登美

充 慶

たかし

 潮