2019年4月例会より

東京だんだん句会 2019年4月28日(日)、石神井公園区民交流センター


ときどきは魔女になります朧月

襟足の黒きおかめよ春祭

ときをりの風に口笛花の昼

書きだしの決まらぬ手紙春の雨

花筏雲の流れに寄り添うて

落ち椿昔流人の伊豆の島

初夏やB定食の中華そば

「中村屋」お練りに桜吹雪かな

連合ひを愚痴る友達亀の鳴く

彼岸会や母の遺品の二重数珠

引き直すスタートライン夏来る

陽炎やこけしのやうに人立てる

石くれの哲学の道遠雲雀

雨の来て草に宿るや恋雀

険しくも親しき吉野西行忌

燕の巣雨夜は歓語尽くすべし

嘉 江

芳 江

みゆき

絵 万

タミ子

克 己

あつみ

ちから

美知子

咲 子

よしたか

武 彦

眞登美

充 慶

たかし

 潮