2019年6月例会より

東京だんだん句会 2019年6月30日(日)、石神井公園区民交流センター


あぢさゐや雫に宿す空の色

農民の家に生まれて袴能

蟇畦道行くもどん詰まり

笹だんご剥きをり母を忍ぶらん

草ぬくき夜や生きもの鳴きそむる

足元にねぢ花咲いて小宇宙

絵馬殿を抜くる風あり花樗

梅雨寒やひと日パソコン友として

一山に雨誘ひたる四葩かな

朝顔に童子のやうな石地蔵

紫陽花のしんと動かぬ小糠雨

天日のしばし見ぬ日よ螻蛄鳴けり

風音の釧路湿原かんこ鳥

わが臍をはるかにしたり籠枕

芳 江

風々子

タミ子

克 己

 桂

あつみ

ちから

咲 子

よしたか

武 彦

眞登美

充 慶

たかし

 潮