2020年1月例会より

東京だんだん句会 2020年1月26日(日)、石神井公園区民交流センター


寒月を背にして帰る風の中

鏡もち白き余生の重さかな

この重さ昔なつかしスキー靴

豊満な志功の菩薩冬ぬくし

日にむかひ歌うたふかに冬の菊

老の春二人でひとつ生たまご

観音の細目してをり冬椿

両足で探り寄せたる湯婆かな

透明な門を潜りて去年今年

ひもすがら風音は無し日脚伸ぶ

冬夕焼影絵のごとき家並なり

踏み石に溜りし雨も寒九かな

梢刈る瘤のやうなり春隣

餅焼いて令和の夢の膨らめり

斧の刃の寒暮のひかりとどめをり

洋 子

嘉 江

芳 江

絵 万

風々子

タミ子

克 己

あつみ

美知子

咲 子

武 彦

眞登美

充 慶

たかし

 潮