3. 森澄雄 プロフィール

森澄雄 プロフィール

森 澄雄『本名:森澄夫、1919年(T8)2月28日―- 2010年(H22)8月18日』
兵庫県姫路市に生まれ、5歳より長崎県長崎市で育つ。
九州帝国大学時代に加藤楸邨の主宰誌「寒雷」創刊(1940・S15)に参加。
1942年(S17)卒業と同時に応召、1944年から南方を転戦し、ボルネオで終戦、46年復員。
1947(S22)年佐賀県立鳥栖高等女学校教員。
1948年(S23)結婚、都立豊島高校に就職。
1970年(S45)句誌『杉』を創刊。
1987(S62)年紫綬褒章、1993年(H5)勲四等旭日小綬章。
1995年(H7)脳溢血で倒れ、左半身に麻痺。
1997(H9)年恩賜賞・日本芸術院賞、芸術院会員。
2001年(H13)勲三等瑞宝章、2005年(H17)文化功労者。
2010年(H22)肺炎のため91歳で逝去。

除夜の妻白鳥のごと湯浴みをり       第一句集「雪櫟」35歳

磧にて白桃むけば水過ぎゆく        第二句集「花眼」50歳

ぼうたんの百のゆるるは湯のやうに     第四句集「鯉素」58歳

億年のなかの今生実南天          第七句集「四遠」67歳

妻がゐて夜長を言へりさう思ふ       第八句集「所生」70歳

やすらかやどの花となく草の花       第十句集「白小」76歳

赤子泣く春あかつきを呼ぶごとく      第十二句集「天日」82歳

美しき落葉とならん願ひあり        第十三句集「虚心」85歳

妻ありし日は女郎花男郎花         第十四句集「深泉」89歳

一月やわが蒼茫の富士の空         第十五句集「蒼茫」91歳

記載文(今村たかし)