19 12月

2016年12月例会より

かるがも俳句会 平成28年12月15日(木)、石神井公園区民交流センター


皇帝はかくあるべしと冬の庭

凩が雲はがしたり星月夜

病上がり母の杖借り小春日に

腰痛を騙し騙しの年用意

初雪や犬と子供の靴のあと

腰布団両手に載せて妻思ふ

落葉掃く箒に遊ぶ子犬かな

冬紅葉古き空家を明るくし

冬至南瓜夫と二人の暮らしあり

千両の実の赤々と年の暮れ

夜を更かし友と語らふ熱燗で

もてなしや町の主の熊手市

大なべの出番はなくて年用意

葦枯れて波だぶだぶと湖中句碑

ホホホいま女もワハハ花八つ手

渡部 良子

鈴木 芳江

宮田 敏子

森永 順子

熊谷 良子

伊賀 篤志

柴田 ミチ子

杉本 康子

馬場 美智子

長束 瑠美子

丸田 勝弘

鳥居 とく

堀江 康子

国岡 博子

今村 たかし


顧みて「光陰矢のごとし」とは言い得た言葉と、妙に納得出来る齢となりました。歳晩にあたり私もこの一年を自己の拙句で振り返って見たいと思います。
「東京に生まれ棲み古り年新た」
「海鳴りの宿に一夜を周平忌」
「煮凝りや義理欠くことも老いの内」
「あけぼのの遮莫恋の猫」
「佐保姫の微笑み返し佐久郷」
「軽鳧の子とふるさといつに寿(いのちなが)」
「南風の海サーファーすつくとたちあがる」
「ほんたうの死まで生きるよ蛇の衣」
「流燈会男の子もゆるく帯しめて」
「われにある悪女ちよつぴり酔芙蓉」
「帰るさのハイカー提ぐ烏瓜」
「いくばくの喜捨に寧ぐ十二月」
行く年来る年、さあ来年はどのような句の年になるでしょうか。飛躍あるのみです。(博子)