30 4月

2017年4月吟行より

かるがも俳句会 平成29年4月27日(木)、見沼通船堀公園吟行


木道に木漏れ日さして竹の秋

そよ風のひとひら落す竹の秋

八重桜花の下にも花積みて

軒先に玉ねぎ干され風きらら

落ちてなほさらに色なす桜かな

春陰や通船堀の水ゆるむ

菜の花の川の流れを見てをりぬ

青き踏む吟行会に初参加 
     
著莪咲くや通船堀のささ流れ

風薫る女体新橋渡らうか

千味 幸太郎

熊谷 良子

渡部 良子

長束 瑠美子

森永 順子

伊賀 篤志

倉島 恒子

鳥居 とく
      
国岡 博子

今村 たかし


JR武蔵野線「東浦和」駅から約10分程で公園に着いた。見沼通船堀(=みぬまつうせんぼり、国指定史跡)は享保16年(1731)に開通したわが国最古の木造の閘門(こうもん)式運河である。本流の芝川と用水との水位差が3mあったので、関を設けて水位の調節を行い船を運航した。この通船堀の開通により、荒川、隅田川を通り江戸へは農作物や、薪、柿渋、味噌、醤油などを運び、江戸からは肥料や、油、日用品などが、運ばれた。昭和6年、約200年続いた見沼通船は役目を終えた。訪れたときは、八重桜がほろほろと散っており、堀の周りには菜の花や著莪の花が一面に咲いていた。また竹林がとても美しかった。何でも屋のお婆さんは、戦争のときは東京が真っ赤に燃えていたと話していた。その家の軒先には玉ねぎが干してあった。堀には女体新橋という名の橋が架かっており、附島氷川女体社本社という社もあった。女体がどう関係あるのかは不明である。幕府から通船の差配役を任されていた鈴木家の住宅(江戸後期の建築)も残っている。今回参加の10名はその後、秋津へ行き、不二家で昼食と句会を行い散会した。好天にめぐまれた一日であった。(たかし)