1 11月

2018年10月吟行会より

かるがも俳句会 平成30年10月31日(木)、井草森公園と観泉寺吟行


六地蔵いろはもみぢを笠にして

秋晴や眼するどき鬼瓦

大屋根を秋の雲行く観泉寺

秋の空今川墓所に松二本

につこりと団栗いつこ差し出す児

秋風に吹かれるままに野の仏

朝寒のグランドにある芝刈機

草の花隅つこでいい居場所かな

天高し運動場の芝刈り機

柴垣の続く参道帰り花

水底にしづもる鯉の冬隣

長束 瑠美子

千味 幸太郎

渡部 良子

熊谷 良子

倉島 恒子

杉本 康子

沖田 顫童

中村 あさ子

伊勢 史郎

堀江 康子

今村 たかし


秋の吟行会は井草森公園と観泉寺、参加者は11名でした。まず井草森公園を散策、紅葉は真っ盛りとは言えませんでしたが銀杏の降る様や池に映る薄紅葉等を楽しみ、広場を走り廻る園児達を追いかける保育士に若くなくては勤まらないと感じ入ったり、かなりのんびりと過ごしました。次に景色を楽しみながら観泉寺まで歩きました。五本線をもつ塀にも由緒を感じながら寺域に 今川家の墓所の有る寺ですが、あまり広くないのですが竹林や苔の庭、小さな滝と石蕗の咲く流れ 鐘楼を隠しているような紅葉等、静かな禅寺の風情を醸していました。句作りに苦労しながらも楽しい一日でした。(H.康子)