23 4月

2018年4月例会より

かるがも俳句会 平成30年4月19日(木)、石神井公園区民交流センター


御仏は素足で在はす花見堂

突然に校歌とび出す花の宴

病む母に我家は遠しさくら咲く

校舎より漏るるコーラス風光る

ランドセル服もおさがり入学す

土手に落ち水面におつる藪椿

畜舎越え果樹園越えて花吹雪

優しさに触れて大和路春の旅

畦道を蕨摘みつつ野のかをり

揺れやまぬ藤簪の卒業子

見上げれば花のトンネルみあい橋

ひそやかに隣家訪ふ人朧月

入学や金具眩しきランドセル

風の中ぺんぺん草の埋立地

新緑の上野巨鯨に逢ひにゆく

山にまだ斑残るも啄木忌

春雨や宿の夕餉は地酒付き

リヤカーに園児満載囀れり

鷺の舞二羽に干潟の果てしなし

鳥居 とく

千味 幸太郎

宮田 敏子

馬場 美智子

倉島 恒子

熊谷 良子

伊賀 篤志

杉本 康子

丸田 勝弘

沖田 顫童

山田 てる子

猪越 紀子

伊勢 史郎

野々村 桂

渡部 良子

高橋 武司

長束 瑠美子

堀江 康子

今村 たかし


17年前、先輩から俳句への誘いを受けました。母と伯母の在宅介護中で余裕がなくお断りしました。代わりに俳句番組を見る楽しみを知り、今でも続いて楽しんでいます。かるがも俳句会に入会して、一年が過ぎました。見るのと、作るのでは大違い、、、を実感しています。感動や思いを皆さんと共有できるように17音に表現するのは大変難しく、苦戦しています。石神井公園で二つの歌う会をやっていますが、毎日公園へ行っては俳句の元を探しています。(恒子)