21 9月

2018年9月例会より

かるがも俳句会 平成30年9月20日(木)、石神井公園区民交流センター


新涼や納戸のギター出してみる

改札に母の笑顔と吾亦紅

五つの子栗も五つのごはんかな

流し合ふ背ナの三代敬老日

振り向けど風の声のみ芒原

秋の声初恋の彼は車椅子

妻愛でし抹茶茶碗に月宿す

木漏れ日の遊ぶ川面や秋の風

お三時は抹茶と決めて栗まんぢゆう

老残やもういいだらうと法師蟬

信州や雨名月の露天風呂

遠近に虫の骸や今朝の秋

「極上の孤独」読みをり秋の夜

路の端の松葉牡丹は足元に

仄暗き佃の踊ナムアミダ

老いてなほ故郷恋ふる鰯雲

秋茜売地に残るポンプ井戸

幼目に木の実一つを拾ひけり

中村 あさ子

山田 てる子

森永 順子

伊勢 史郎

高橋 武司

杉本 康子

伊賀 篤志

熊谷 良子

倉島 恒子

加藤 悠児

鈴木 芳江

渡部 良子

長束 瑠美子

鳥居 とく

沖田 顫童

宮田 敏子

堀江 康子

今村 たかし


ここ数年、大きな自然災害があった。今年の9月6日には北海道で最大震度7の地震。
多くの人々が恐怖に震えた。「どうか生きていて」と無事を願う声が聞こえる。
しかし、無情にも雨が降り、なお悲しみに包まれる。
自然災害になすすべもなく、ただ耐える人々・・・・・
でも、虫の音が秋を告げ、草花が咲き、季節は巡る。もう暑かった夏は終わる。
猛烈な暑さだった夏が終わる。(敏子)