22 4月

2019年4月例会より

かるがも俳句会 2019年4月18日(木)、石神井公園区民交流センター


園児らのまるで音符の春散歩

転職す甥の未来に風光る

記憶とは儚きものや春の雪

瑠璃色の空の欠片をイヌフグリ

春泥をいちにさんで跳ぶ子かな

クレソンを分けて流るる春の川

花の下東北なまりの男衆

櫻積むキーン氏の眠るこの土に

春疾風瀬戸大橋を行く車

早春の旅はきまぐれ歩も軽く

窓広き新型特急花曇

草餅に小さき故郷ありにけり

秘め事のの一つや二つ紫木蓮

宿坊に異人も一夜若芽汁

野々村 桂

長束 瑠美子

熊谷 良子

千味 幸太郎

森永 順子

鈴木 芳江

中村 あさ子

渡部 良子

鳥居 とく

杉本 康子

倉島 恒子

宮田 敏子

堀江 康子

今村 たかし


4月18日、平成最後となる俳句会。冒頭今村先生から、高橋武司さんが3月20日肺炎の為お亡くなりになったとの悲しい知らせがありました。享年85歳。3月の例会に欠席されていたので案じていた矢先の訃報。頭の中が真っ白になりました。2月の例会にはいつもと変わらぬ様子で出席され、俳句を楽しんでおられました。杖をつき、補聴器をつけてのお体でしたが、句会にはマイカーを運転して来られると聞きました。旅先の思い出の句、美味しい食べ物が目に浮かぶ句、深みのある句。素晴らしい句をたくさん読まれました。この世の無常を感じます。とても残念です。心よりご冥福をお祈りいたします。合掌。(順子)