30 7月

2019年7月例会より

かるがも俳句会 2019年7月25日(木)、石神井公園区民交流センター


写経して乱るる文字の溽暑かな

流されてなほ逆らひて水馬

雨、雨、雨、今日も雨だね蟇

夏風邪の床に句吟の暇かな

欠伸してため息ついてソーダ水

八ヶ岳麓の岩にひかり苔

救急のサイレン止まぬ羽蟻の夜

黒大蟻句作す我に登りて来

ベランダのゴーヤ今宵はチャンプルー

一周忌墨の香りの盆提灯

夫遠し父母なほ遠し星迎

楸邨の墓に夏痩集ひをり
水村 洋子

熊谷 良子

長束 瑠美子

猪越 紀子

森永 順子

鳥居 とく

千味 幸太郎

倉島 恒子

渡部 良子

宮田 敏子

堀江 康子

今村 たかし

「歎異抄をひらく」というアニメ映画を見に行きました。親鸞の話を田舎の小さな村で聞き、幼な友達と一緒に親鸞の所へ勉強に通っていた唯円(後に師から頂いた名)は熱心に勉強する。京に帰られた親鸞のもとに行き、修行を積みながら京の町の人々の生活の様子を見る。師の話される「善人なおもって往生を遂ぐ、いわんや悪人をや。」阿弥陀様は皆を救う為にいらっしゃる。人間の煩悩は死ぬまでなくなることはない。(来月へ続く、瑠美子)