19 11月

2016年11月例会より

かるがも俳句会 平成28年11月17日(木)、石神井公園区民交流センター


かんざしの落ちてべそかく七五三

石庭に秋の声聞く竜安寺

人生の自由時間の天高し

親方の手直す弟子の松手入

やすらぐやこの小春日は黄泉に似て

袋田の滝の裏山冬紅葉 

どんぐりの実を踏む音も雨の中

木枯に足元よろけ通夜帰り

秋深し雲の見本のやうな空

伊予や今メールで祝ふ柿の里

中秋や川面に映る月うさぎ

くちなしや住み人待つる門の内

小春日の出窓に猫の万歳寝

木の葉降る織部灯籠にマリアかな

冬うらら都電の駅におしるこ屋

熊谷 良子

杉本 康子

森永 順子

馬場 美智子

高橋 武司

宮田 敏子 

鈴木 芳江

柴田 ミチ子

渡部 良子

伊賀 篤志

丸田 勝弘

鳥居 とく

堀江 康子

国岡 博子

今村 たかし


月日の経つのは早いもので、あっという間の十年でした。元来私は歌ったり踊ったり体を動かすことが好きですが、ある日俳句をやってみないかと人に誘われた時、ふと思いました、当時六十四歳でした、体力的にも限界がある、それならこれからは俳句だ。やってみよう!というのが始まりでした、そして今に至ります。あまり進歩はないようですが、先生はじめ皆様に励ましのお言葉を頂くたびに、頑張ろうという気持ちになります。「自分なりに楽しもう」「あまり評価を気にせずに」良い意味の開き直りで今はやっています。吟行も楽しいです、皆様と同じ目的に向かって歩きながら会話をしたり、突然無口になって真剣な眼差しになって見つめていたり、一人一人の表情を見るのも面白いです。これからも自然体で明るく過ごしてまいります。皆様よろしくお願いします。(S.康子)