3. 今村たかし プロフィール

かるがも俳句会代表 今村たかし プロフィール(2019/9/30現在)

・昭和15年(1940) 青森市に生まれる
・昭和56年(1981) 「杉」に入会、森澄雄に師事
・平成7年(1995)  「杉」同人となる
・平成15年(2003) 練馬区生涯学習団体登録「かるがも俳句会」代表
・平成21年(2009) 句集「百会」(ウエツプ刊)を上梓
・令和元年(2019)  第二句集「遊神」(ふらんす堂刊)を上梓

現在
・練馬区俳句連盟会長
・現代俳句協会会員
・東京都区現代俳句協会研修部長
・「杉」同人
・「かるがも俳句会」代表
・「あやめ句会」講師

講師等
・平成27年(2015)3月8日「はじめての俳句ing」講師
 練馬区ふるさと文化館分室「うたに生きる」特別展でのイベント
・平成28年(2016)10月16日「公募俳句の発表と講評」選者・講師
 ふるさと文化館分室「和のくらし・和のことば」コレクション展でのイベント
・平成28年(2016)11月6日「南田中句会~紅葉色づく頃に~」選者
 練馬区南田中図書館でのイベント
・平成29年(2017)10月6日「秋の南田中句会」選者
 練馬区南田中図書館でのイベント
・平成30年(2018)4月21日~5月26日「はじめての俳句」講師
 練馬区生涯学習センター主催縁ジョイ娯楽部・春季のクラブ
・2019年(2019)5月27日~6月2日、J:COMチャンネル東京(東エリア)
 小林綾子司会の番組「練馬人図鑑」へ出演
 https://jinzukan.myjcom.jp/nerima/post/942

主な俳句作品
第一句集「百会」より
・風通り百会のつむじ涼しけれ
・野紺菊水を豊かに木曽路かな
・秋澄める山見て眼鏡外しをり
・暮れてゆく空明るしや榠樝の実
・痩身にまだある五欲冷奴
・湯の町の御手洗も湯やななかまど
・鶺鴒の飛ぶや日暮の水明り
・秋茜群れてをるなり浮御堂
・日を返し湖のさざ波迎春花
・まほろばの野に風なくて揚雲雀
・大仏に梯子かけてや煤払
第二句集「遊神」より
・大空は宇宙の扉鳥帰る
・子の去りし二人の住まひ初明り
・生きてると追記友より年賀状
・しゃぼん玉吹いて青空ぱぴぷぺぽ
・春眠の重たき眼持ち歩く
・風にまた風の吹き次ぐ青田かな
・君のことみな知つている蝉の穴
・倒木の葉のまだ緑小鳥来る
・新涼や食卓にある塩胡椒
・坐すここが最も日向花八つ手
・検体の骨のごとくに冬木立