20 10月

2018年10月例会より

かるがも俳句会 平成30年10月18日(木)、石神井公園区民交流センター


菊月や伯母百二歳の子守歌

ほどほどの人生も良し温め酒

蛼のこゑを夜道の道づれに

幸せの色は何色吾亦紅

筆に白たつぷりで描く秋明菊

吾一人腹より歌ふ芒原

星月夜庭には二つ犬の墓

赤まんま泣き虫のまた仲間入り

峠とふ字を得心す秋の旅

秋の園人込み避けて猫眠る

遊水地音声たかく鴨渡る

対岸のモズ声高く空に消ゆ 

萩の花ほろほろとまたほろほろと

日溜りの地蔵に群るる赤とんぼ

秋風や君を愛して倦怠期

ものを食ふおのが歯音やそぞろ寒

倉島 恒子

森永 順子

鈴木 芳江

千味 幸太郎

中村 あさ子

野々村 桂

猪越 紀子

鳥居 とく

渡部 良子

杉本 康子

熊谷 良子

伊賀 篤志

長束 瑠美子

宮田 敏子

堀江 康子

今村 たかし


この度練馬区秋の文化祭俳句大会におきまして特別選者天賞を戴きました。私自身まさかと身を疑いました。でも本当でした。びっくりしました。これもひとえに今村先生と堀江さんのご指導のお陰と感謝しております。この結果を励みに今後も精進してまいります。こんな私ですから時間はかかると思いますが、気長におつきあいいただければ幸いです。末永く宜しくお願い致します。(S.康子)