18 11月

2017年11月例会より

かるがも俳句会 平成29年11月16日(木)、石神井公園区民交流センター


新藁に仔牛ことりと眠りけり

温め酒盃二つ愚痴一つ

繋ぎたる孫の手にある寒さかな

もの落つる音の乾きや秋の暮

冬晴や飛行機一機音もせず

山茶花の雪積むごとく散りしきる

幼の手落葉の山の創造主

秋霖や新聞広げマンガから

縄文の土器あり秋の畑道

半月の白く透けをり秋の朝

一面の金唐革紙冬館

日にあたり日に日にかはる吊し柿

凍星や敗れし国の山河燃ゆ

渓谷を斧の音渡る冬はじめ

夫婦楠つなぐ注連縄初しぐれ

宮田 敏子

猪越 紀子

千味 幸太郎

杉本 康子

倉島 恒子

熊谷 良子

渡部 良子

鳥居 とく

伊賀 篤志

長束 瑠美子

沖田 顫童

丸田 勝弘

伊勢 史郎

堀江 康子

今村 たかし


【俳句甲子園】8月に「子規・漱石生誕150年記念 第20回俳句甲子園(全国高等学校俳句選手権大会)」が行われた。全国で159チームが参加して、地方大会からの30チームを含めて40チームが松山市に集まった。大会は8月19日と20日の両日にわたり行われた。団体戦では5人で1チームを作り、それぞれ5句を準備して一句づづ提示し、デイベート戦が行われた。提示された句の出来に加えて、ディベート戦での採点が加算され、13名の審査員によって勝敗が決められた。結果は、団体戦優勝が開成高校(東京都)、個人最優秀賞が開成高校三年の岩田奎(旅いつも雲に抜かれて大花野)であった。開成高校は今まで20回のうち10回優勝している強豪である。私の母校、松山東高校は今年早々と開成高校と遭遇し、一日目で敗退した。(篤志)

20 10月

2017年10月例会より

かるがも俳句会 平成29年10月19日(木)、石神井公園区民交流センター


一つずつ箸の穴ありふかし藷

芒原夕日すとんと落ちにけり

登校の子等を見送る案山子かな

鷹師の手放るる鷹の陽をまとひ

とめ直す低きところへ赤い羽根

天高くボンボン突いて児のダンス

瞑想をしてみようかな鉦叩

ひつじ雲今日も良い事ありそうな

秋刀魚焼く香りをのぞく夫のをり

鹿の毛のごわつごわなり厳島

なに故に上物ながら捨て案山子

シヤリツとひと口噛みて梨青し

寝不足に逸る結末秋灯下

秋晴や天使の歌ふジョン・レノン

裃の差配のなまり秋祭

白髪を枕に拾ふ夜寒かな

馬場 美智子

宮田 敏子

鳥居 とく

熊谷 良子

千味 幸太郎

倉島 恒子

野々村 桂

渡部 良子

鈴木 芳江

沖田 顫童

伊賀 篤志

長束 瑠美子

山田 てる子

伊勢 史郎

堀江 康子

今村 たかし


【観蔵院の吟行】六地蔵に迎えられて小雨に濡れた寺の庭に入る。花の散った萩、石灯篭の周りに群れている水引草、大きなユリの実、丈高く堂々とした松、緑の実をたくさん付けているのは蜜柑の木或いはレモンの木かも知れない。また、寺子屋名残の筆子塚など俳句の材料は沢山あった。30分の時間で二句作らねばと焦る。先生に教わった、「発見」と「感動」と「共感」があるだろうか?何時も独りよがりで、句が出来たと思ってしまう。客観的に見る力が出来ていない。何時も同じ注意を受けてしまう。「石の上にも三年」、頑張ろう。これからもどうぞよろしくお願い致します。(瑠美子)

23 9月

2017年9月例会より

かるがも俳句会 平成29年9月21日(木)、石神井公園区民交流センター


秋風に乗り九秒を駆け抜ける

補陀落に近き足摺秋遍路

捨てかねて残す簾や秋暑し

ふる里の街並古りぬ秋しぐれ

亡き父の声聴きたくて秋の雨

急湍の石青さぎの足すべり

幸せのひとつのかたち秋ともし

へちま水ほほ手に掬ぶ獺祭忌

彼岸花いつもこの時亡き父と

絵本展ちひろの庭に葉鶏頭

禁断の蜜の滴る良夜かな

公園の遊具にかかる秋夕日

子の踊る野外劇場蝉しぐれ

揚花火大曲の雄叫び雨に消ゆ

友庵る小夜の中山月祀る

帰り道気づけばそこに曼殊沙華

大壺の秋の七草式台に

秋天やくづれて直す組体操

渡部 良子

高橋 武司

馬場 美智子

宮田 敏子

千味 幸太郎

熊谷 良子

沖田 顫童

伊賀 篤志

丸田 勝弘

倉島 恒子

伊勢 史郎

杉本 康子

長束 瑠美子

鳥居 とく

猪越 紀子

山田 てる子

堀江 康子

今村 たかし


今日は八月十五日、亡くなられた国岡博子先生にとっては初めてのお盆にあたる。私は「かるがも俳句会」に入会してまだ三年に満たないが、どんな駄句でも良く読んでくれて適切な助言を戴いた。先生が旅立たれてから、もう一度先生の句集「万両」を読み返してみた。素晴らしい句が並んでいるが、特に旅先の句が素晴らしい。私も人に負けずに旅が好きで旅先の句が多いが、とても先生の足元に及ばない。「見惚れゐる海夕焼けの五能線」「万緑の山負う伊根の舟屋かな」私もこの二つの句の現場に旅しているがこれほど的確な描写をする句を詠めない。やはり私との差は先生の人格と豊かな文学的素養にあると思う。「火種欲し一茶旧居の囲炉裏かな」まさに名句だ。これは現場に行った人しか詠めない。この句会は良き指導者をなくした。新盆にあたりあらためて先生のご冥福を祈りたい。合掌(たけし)

18 8月

2017年8月例会より

かるがも俳句会 平成29年8月17日(木)、石神井公園区民交流センター


夏霧の中よりぬつと牛の顔

戦死とは餓死でありしか敗戦忌

普段着の男の子も交じり踊りの輪

花火果て空の広さの迫り来る

児の便りクワガタの絵と拙い字

会えますか天の川なる岸ならば

バス旅や疎水の径の今年竹

胡瓜うま茄子うしにして盆向ひ

就活生の腕組みしたる大夕立

炎天や部活帰りの大荷物

どこまでもつき抜けし空野紺菊

夏の夜の野外映画を仰ぎ見し

逝きし妻か精霊とんぼに話かけ

子等のへそ雷鳴響くそれ隠せ

独立を祝ふ花火に希望のせ

初秋や駄句と戯る8・19の日

生身魂いよいよ小さき膝頭

供へたるおはぎ二つの終戦日

熊谷 良子

渡部 良子

森永 順子

鈴木 芳江

倉島 恒子

宮田 敏子

鳥居 とく

高橋 武司

沖田 顫童

杉本 康子

千味 幸太郎

長束 瑠美子

伊賀 篤志

丸田 勝弘

山田 てる子

伊勢 史郎

堀江 康子

今村 たかし


石神井公園に行った時にふるさと文化会館に寄り、練馬大根展を見ました。私は農協で地場野菜担当のレジで、その時に初めて練馬大根の長さが70~80cm位あるのに驚いたものでした。帰りには練馬大根一本を買い、使い道が沢山の切干大根、一夜漬け、煮物などいろいろの料理に使いました。デパートでも季節に販売していますが、農協の採れたて大根を食べたのは初めてで美味でした。「薫風や練馬大根展示会」(美知子)

21 7月

2017年7月例会より

かるがも俳句会 平成29年7月20日(木)、石神井公園区民交流センター


噴水の穂先に満ちる光かな

明滅の蛍寄りそふ通夜帰り

たつぷりと化粧塩して鮎焼かれ

故郷の川の匂の鮎を食ぶ

梅雨の月あの世この世と隔てなし

蝉時雨巨木を抱つこする子かな

にがうりの天まで登る力かな

砂色の空壊し行く夕立かな

大好きな姉のお下がり浴衣の子

句作止め入れ歯で食らふ辣韭かな

チエーホフの墓所への小径ゆり薫る

九州の風神雷神恐るべし

ひとり居をゆさぶる夕立雹までも

十薬に満ちる空地の駐車場

柳橋市丸の歌釣忍

ふれあひの給食会や梅雨晴間

梅雨晴の月夜に謡ふ少女かな

敬愛する人は身罷り沙羅の花

背にある手術の跡や夏祓

宮田 敏子

熊谷 良子

高橋 武司

沖田 顫童

野々村 桂

杉本 康子

渡部 良子

千味 幸太郎

森永 順子

伊賀 篤志

猪越 紀子

鳥居 とく

鈴木 芳江

馬場 美智子

長束 瑠美子

倉島 恒子

伊勢 史郎

堀江 康子

今村 たかし


当かるがも俳句会の副代表で会員のまとめ役をしていた国岡博子さんが、突然6月20日に亡くなりました。4月27日の東浦和の通船堀吟行会では参加者を先導し、秋津駅前の不二家でランチと句会をしたものでした。5月の連休に入ってからあまり体調が芳しくなく、まづは入院して検査していただこうとのことでした。5月18日(木)のかるがも俳句会では欠席投句でしたので、有志3人で句会の結果を持ちながら入院見舞いに行きました。その時はまるで明日にでも退院出来そうな感じで、休憩室で我々にジュースをサービスしてくれました。また、5月句会の国岡選もお願いしますと宿題を置いてきて、後日郵送で結果を頂きました。6月に入り、国岡さんからは2度電話がありました。その時の声はかなり弱弱しかったのですが、また欠席投句するのでよろしくとの事でした。結局、それが国岡さんとの最後のやり取りでした。私は現在77歳。私より一歳上でした。謹んでお悔やみ申し上げます。合掌(たかし)

16 6月

2017年6月例会より

かるがも俳句会 平成29年6月15日(木)、石神井公園区民交流センター


病棟に夜の静寂や水中花

蛍の遠き記憶の中に飛ぶ

看護師のかいな眩しき更衣

郭公や朝餉のパンの香ばしき

もしかして虹は天使のすべり台

高原の風吹きわたり栃の花

あぢさゐの咲きて開けたる仏間窓

運動会負けても笑顔さくらんぼ

風青し古き港の赤灯台

水色の靴や男の更衣

槍沢のテントの窓に穂高岳

パンダの子泣き声高く梅雨晴間

門前に遍路宿あり浄瑠璃寺

児の好きな梅ジュースできて日曜日

初めてのキスは血の味木下闇

涼風の中禅寺湖にテイタイム

先頭は戸棚の砂糖蟻の列

ハンカチを握れど心定まらず

風にまた風の吹き次ぐ青田かな

宮田 敏子

熊谷 良子

千味 幸太郎

馬場 美智子

森永 順子

渡部 良子

鈴木 芳江

山田 輝子

鳥居 とく

野々村 桂

伊賀 篤志

長束 瑠美子

高橋 武司

倉島 恒子

伊勢 史郎

杉本 康子

堀江 康子

国岡 博子

今村 たかし


四月の初め頃、皇居のお堀に沿ってぐるりと一周してきました。ランニングコースとして有名ですが、のんびりとマイペースで歩くのも楽しいものです。新緑の色に染まったお堀を眺めつつ大手門、平川門、乾門など数々の門があります。かたや道路の向こうには近代的なビル群や歴史ある建物を見ることができます。一周5キロ、一時間ほどの散歩ですが、皇居の自然と歴史そして大都会東京の今を感じる素敵な散歩コースでした。次は紅葉の頃に歩いてみたいと思います。(順子)

20 5月

2017年5月例会より

かるがも俳句会 平成29年5月18日(木)、ふるさと文化館


山二つ遠くにおきし青田かな

可も不可もなくて二人の春の旅

むらさきの鉄線の色母の色

金雀枝や父母の待つ家明り

槍穂高まだ薄化粧の山開き

野菜苗植ゑて私の黄金日

ざはざはと足音耳に花疲れ

ゴールデンウイークの今年も残業だ

逝きし妻に今日も供へる柏餅

緑陰や社を守る幹太し

気負なくてらひもなくて著莪の花

春眠の嬰のあくびに欠伸かな

著莪の花越後の里へ峠越

散歩する翁と猫と春の畦

戸隠の余花や異界に咲きにけり

うつかりと笑つてをりぬ烏賊の墨

雲一辺美濃路に声の揚ひばり

まろび出て花粉まみれの熊ん蜂

母の日の花の大箱もて余す

千味 幸太郎

宮田 敏子

倉島 恒子

野々村 桂

鈴木 芳江

渡部 良子

鳥居 とく

山田 輝子

伊賀 篤志

馬場 美智子

高橋 武司

森永 順子

柴田 ミチ子

長束 瑠美子

猪越 紀子

伊勢 史郎

堀江 康子

国岡 博子

今村 たかし


東京では桜もすっかり青葉となってしまったが、北の原野では春が始まったばかりである。固く積もった雪の下でチョロチョロと雪解け水の流れる音が聞こえ、真っ先に雪が解ける川辺には様々な緑が萌えだす。やがてすべての雪が消えると、まるで原野の生命が甦るかのようにあらゆる緑が芽を出し、水辺の水芭蕉が白い苞と緑の葉を見せ始める。中には巨大になるものもあり、尾瀬の水芭蕉のようにかわいいとかロマンチックといったイメージと全く違うものとなる。桜が咲くのは5月の中旬か下旬。そして、春の花も夏の花も一斉に咲く北海道東部の遅い春は、まるでため込んだエネルギーを爆発させるかのように短い夏に向かって行くのである。(W.良子)

30 4月

2017年4月吟行より

かるがも俳句会 平成29年4月27日(木)、見沼通船堀公園吟行


木道に木漏れ日さして竹の秋

そよ風のひとひら落す竹の秋

八重桜花の下にも花積みて

軒先に玉ねぎ干され風きらら

落ちてなほさらに色なす桜かな

春陰や通船堀の水ゆるむ

菜の花の川の流れを見てをりぬ

青き踏む吟行会に初参加 
     
著莪咲くや通船堀のささ流れ

風薫る女体新橋渡らうか

千味 幸太郎

熊谷 良子

渡部 良子

長束 瑠美子

森永 順子

伊賀 篤志

倉島 恒子

鳥居 とく
      
国岡 博子

今村 たかし


JR武蔵野線「東浦和」駅から約10分程で公園に着いた。見沼通船堀(=みぬまつうせんぼり、国指定史跡)は享保16年(1731)に開通したわが国最古の木造の閘門(こうもん)式運河である。本流の芝川と用水との水位差が3mあったので、関を設けて水位の調節を行い船を運航した。この通船堀の開通により、荒川、隅田川を通り江戸へは農作物や、薪、柿渋、味噌、醤油などを運び、江戸からは肥料や、油、日用品などが、運ばれた。昭和6年、約200年続いた見沼通船は役目を終えた。訪れたときは、八重桜がほろほろと散っており、堀の周りには菜の花や著莪の花が一面に咲いていた。また竹林がとても美しかった。何でも屋のお婆さんは、戦争のときは東京が真っ赤に燃えていたと話していた。その家の軒先には玉ねぎが干してあった。堀には女体新橋という名の橋が架かっており、附島氷川女体社本社という社もあった。女体がどう関係あるのかは不明である。幕府から通船の差配役を任されていた鈴木家の住宅(江戸後期の建築)も残っている。今回参加の10名はその後、秋津へ行き、不二家で昼食と句会を行い散会した。好天にめぐまれた一日であった。(たかし)

21 4月

2017年4月例会より

かるがも俳句会 平成29年4月20日(木)、石神井公園区民交流センター


ピアニカを吹く少年や風光る

余生などなき父の忌や蜆汁

亡き妻は四国の旅か涅槃西風

教へ子が競いて摘みし土筆煮る

幸せはふとした時に菫草

佐保姫の裳裾の触れし野山かな

腰下すベンチの温み花疲れ

本心を四月の嘘に隠しけり

出迎への母に甘ゆる新入生

幼子とおはぎまるめる彼岸かな

清明や新人スーツの衿白く

風薫る媼翁のコーラスに

父母の亡き庭で集めし桜蕊

さらさらと花びら走る朝の路

煩悩に数えあまたの除夜の鐘

花の雲母を施設に預け来て

老幹に花芽を噴けるさくらかな

花吹雪また花吹雪過疎の村

千味 幸太郎

宮田 敏子

伊賀 篤志

猪越 紀子

森永 順子

渡部 良子

馬場 美智子

伊勢 史郎

熊谷 良子

倉島 恒子

柴田 ミチ子

鳥居 とく

鈴木 芳江

長束 瑠美子

丸田 勝弘

堀江 康子

国岡 博子

今村 たかし


最近豊島区の健康長寿医療センターへ行く機会があり、ロビーに座っていると、八十歳過ぎの疲れ果てた感じの妻が足を引き摺り夫の車椅子を押して来た。私の隣に座った途端に居眠りを始め、其の横顔は深い皺が刻まれて顔色が悪い。夫の方が顔色も良く本当に元気そうに見える。この様なカップルが多く、これが老々介護の現実です。都会に住む私達には核家族化が進み、今は長寿天国と成ってこの悲劇と成ったのでしょう。老々介護の現実を見て、女性はもっと自分自身を大切にして健康に生きるべし、とつくづく思う昨今です。(ミチ子)

17 3月

2017年3月例会より

かるがも俳句会 平成29年3月16日(木)、石神井公園区民交流センター


最上路はまだ雪の中茂吉の忌

早春の山に抱かるる和紙の里

吊橋の中ほどに来て春の風

六度目の春巡り来てなほ仮設

卒園児大きく返事桃の花

春一番街路樹さわぎ月おどる

枝渡る小鳥の影の春障子

住み慣れし此処もふる里梅の花

枕辺の本とラジオや春燈

夕闇を押しのけて咲く紫木蓮

春光や大鷹鳴いて巣作りす

春一番空も鉄路もままならず

菜の花と司馬遼太郎歴史旅

一勢に空見ゆ蕾白木蓮

花しどみ妣の声かと振り返り

あるがまま生きるは難し四温晴

軽鴨とわれの棲む星水温む

高橋 武司

熊谷 良子

杉本 康子

渡部 良子

宮田 敏子

伊賀 篤志

柴田 ミチ子

馬場 美智子

野々村 桂

猪越 紀子

倉島 恒子

鳥居 とく

長束 瑠美子

鈴木 芳江

堀江 康子

国岡 博子

今村 たかし


三月五日に岩槻市の「まちかど雛めぐり」という催しに行った。三日もすぎ人形店の店先は早くも五月人形に入っていたが、その中で何軒かの店に昔からのひな人形が何体も飾られていて、古いのは享保雛から新しいのは金髪の内裏様までありびっくりした。又愛宕神社には階段一段ごとに人形がびっしり飾られて多くの人々が感心をして写真を撮っていた。駅前に戻ると子供等の扮装する可愛いおひな様パレードなどもみられ楽しい一日をすごすことができた。埼玉は雛人形の生産日本一とのこと、他の地域の雛祭り巡りも往きたいと思った。(K.良子)