18 11月

2018年11月例会より

かるがも俳句会 平成30年11月15日(木)、石神井公園区民交流センター


引きずりて児の届けたるさつまいも

職業は主婦と書きをりきのこ飯

着飾つてすぐ着崩れて七五三

一院に雨のそぼ降る石蕗の花

捨てきれぬ欲を抱へて穴まどひ

あづまやに親子の昼餉みかん園

爆買ひや干物・かまぼこ秋の旅

柚子味噌のレシピ歪な男文字

百三十咲きて朝顔果てにけり

柿たわわ飛騨の奥なる佛道

彼岸への使者となりをり秋茜

枝豆と里の匂ひの届きたる

街はづれ門の灯は烏瓜

鉄瓶の滾る音して冬に入る

冬めくや自作のぐい飲み重すぎる

真言の四恩酬答寒椿

倉島 恒子

森永 順子

杉本 康子

千味 幸太郎

加藤 悠児

熊谷 良子

伊賀 篤志

野々村 桂

渡部 良子

高橋 武司

長束 瑠美子

中村 あさ子

鳥居 とく

宮田 敏子

堀江 康子

今村 たかし


「あゝあの頃は幸せだった、と人々の多くは後になって気付くものだ」。これは20年程前、何かの番組でゲストが語っていたことである。その専門家が何方だったか思い出せないのだが、私は強い共感を覚え、それ以来“今の幸せ”を意識的に感じ、感謝して過ごすようになった。俳句を始めてから、様々な思いや光景を季節の中の実感として詠むことにより、楽しんだり癒されたりしている。上手くはないが、それは日々の豊かさにも繋がり、出会いと続けられる幸せに感謝である。(芳江)