22 1月

2022年1月例会より

かるがも俳句会 2022年1月20日(木)、石神井庁舎


元朝や狭きお勝手嫁と我

茜なす空に黒富士四日かな

歩みつつ応ふるスマホ息白し

「老松」の舞滑らかに喜寿の春

次の間に人の気配のなき寒さ

祖母縫ひし緋の振袖に細雪

寒波来る右足の古傷うづく

初詔犬も和装で並びをり

モノクロの景を残して冬日落つ

さえざえと鉄の音するビル工事

裸木の美を競ひをり神の森

外山 正枝

井筒 亨

原田 久恵

水村 洋子

千味 幸太郎

猪越 紀子

鳥居 とく

長束 瑠美子

渡部 良子

野々村 桂

今村 たかし


何時もは大晦日の夜に氷川神社へ行き約2時間ほど並んで初詣をしていたが、今年は寒さと三密を避けるため、元日は近くの大鳥神社と石神井神社へ、二日の昼に氷川神社へ行った。30分ほど並んだが順調にお参り出来た。帰りに石神井公園を通ったら池の氷が張っていた。池が凍るのは久しぶりである。今年の冬は例年と比べて寒いのかも知れない。新種のオミクロン株でコロナ患者が急増している。そのため、今年も新年会は無理なので、お年玉(クオカード)とお菓子を配り新年の祝いとした。まずは健康第一。今年も遠出は無理そうなので、近くを散策しながら自分なりの俳句を楽しみたいと思っている。(たかし)