16 9月

2022年9月例会より

かるがも俳句会 2022年9月15日(木)、石神井庁舎


棒切れにすがる重さの秋の蟬

サンダルの肌色の爪リズムとる

駄々っ子にぢいぢ手を焼く夜店かな

さりさりと一日の褒美梨齧る

風死すやをちこち点る市井の灯

横文字の新聞尾花を包みをり

新蕎麦や古き構への床柱

メス止めて汗拭かせをり手術室

秋風や窓辺の猫におはやうさん

満月に亡き人の顔重なりぬ

畑中の蜻蛉風に逆らはず

露草や光とらへしレンズの眼

雲一片秋の気満つる法の山

秋つばめ空の広さの限りなし

(次回例会は10月20日、石神井庁舎5階第3会議室です)

中村 麻子

早川 厚

外山 正枝

原口 久恵

井筒 亨

水村 洋子

千味 幸太郎

鳥居 とく

長束 瑠美子

渡部 良子

熊谷 良子

野々村 桂

堀江 康子

今村 たかし


令和二年九月にNHK俳句で放送した対馬康子先生のユニークな作句法「五段とばし」を紹介します。テーマは「心を詠む」で、ゲストの加藤諒さんのウクライナ海外詠です
一段目:原句        炎天や肉屋の前に野良犬ら
二段目:表現を整える    炎天や肉屋の前に野良犬と
三段目:設定を広げる    炎天や影あるところ野良犬と
四段目:違った物と取合せる 炎天や踊る野良犬恋人も
五段目:見えない世界へ   朝焼けの鋭(と)くたまゆらの犬走る
「野良犬」がキーワードです。一つの句を五つに作り変える対馬先生の独特の作句法です。俳句作法柔軟体操で感心しました。(亨)