18 11月

2017年11月例会より

かるがも俳句会 平成29年11月16日(木)、石神井公園区民交流センター


新藁に仔牛ことりと眠りけり

温め酒盃二つ愚痴一つ

繋ぎたる孫の手にある寒さかな

もの落つる音の乾きや秋の暮

冬晴や飛行機一機音もせず

山茶花の雪積むごとく散りしきる

幼の手落葉の山の創造主

秋霖や新聞広げマンガから

縄文の土器あり秋の畑道

半月の白く透けをり秋の朝

一面の金唐革紙冬館

日にあたり日に日にかはる吊し柿

凍星や敗れし国の山河燃ゆ

渓谷を斧の音渡る冬はじめ

夫婦楠つなぐ注連縄初しぐれ

宮田 敏子

猪越 紀子

千味 幸太郎

杉本 康子

倉島 恒子

熊谷 良子

渡部 良子

鳥居 とく

伊賀 篤志

長束 瑠美子

沖田 顫童

丸田 勝弘

伊勢 史郎

堀江 康子

今村 たかし


【俳句甲子園】8月に「子規・漱石生誕150年記念 第20回俳句甲子園(全国高等学校俳句選手権大会)」が行われた。全国で159チームが参加して、地方大会からの30チームを含めて40チームが松山市に集まった。大会は8月19日と20日の両日にわたり行われた。団体戦では5人で1チームを作り、それぞれ5句を準備して一句づづ提示し、デイベート戦が行われた。提示された句の出来に加えて、ディベート戦での採点が加算され、13名の審査員によって勝敗が決められた。結果は、団体戦優勝が開成高校(東京都)、個人最優秀賞が開成高校三年の岩田奎(旅いつも雲に抜かれて大花野)であった。開成高校は今まで20回のうち10回優勝している強豪である。私の母校、松山東高校は今年早々と開成高校と遭遇し、一日目で敗退した。(篤志)